茅葺きの家 | 葛川まちづくり協議会

2021/03/09 15:17



日本の原風景に不可欠な要素「茅葺き屋根」、葛川地域では現代の屋根よりも茅葺き屋根が多く使われています。今の時代、茅葺きのメンテナンスはとてもコストがかかるの為に、トタンを被せてはおりますが中身は勿論、れっきとした茅葺き屋根です。

こちら「葛川かやぶきの家」は、200年以上前に貫井地区に建てられた家を現在の場所に移築しました。
春には桜やしゃくなげ、あじさいやや紅葉など四季の折々の花が楽しめるフォトジェニックな場所です。
館内には昔使用していた民具や農機具等、当時の生活が垣間見れるような展示をしています。
また、地元スタッフの方々は葛川の歴史や伝統などに造詣深く、色々なお話が聞けます。
入場は無料ですので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

葛川かや葺の家
住所・〒520-0475 滋賀県大津市葛川坊村町232-1 MAP
問合せ先・ 077-599-2001(葛川支所)
営業時間・10時~17時
入場料・無料

アクセス
★電車:JR湖西線「堅田」駅より、江若バス「坊村」バス停下車 徒歩約4分運行期間は、春分の日から12月第1日曜日までの土休日限定運行のみ)堅田葛川線時刻表
★車:湖西道路「真野」ICより約30分
駐車場:葛川市民センター駐車場 約40台(無料)MAP